お役立ち情報

かかりつけ医・かかりつけ薬局を持ちましょう

あなたには信頼できる「かかりつけ医」がいますか?
体の具合が悪い時、そんなときは、日頃からあなたやご家族のことをよく知っている「かかりつけ医」にまず相談してみましょう。
かかりつけ医とは、身近なお医者さんで気軽に相談にのってくれるホームドクターのことを言います。また、必要に応じて専門病院を紹介できる医師のことを言います。家族みんなの健康相談の窓口となって、健康上のどんなことでも気軽に相談できる存在で、生活習慣の問題点などきめ細かな指導もしてもらえる心強い味方です。
かかりつけ医をもつメリット
病歴・薬のアレルギーの有無、日頃の生活環境、お子さんの場合は発達や発育の状態などを医師が知っていれば、診断や治療の際に役立ちます。かかりつけ医をもつことでそのような情報を一箇所に蓄積できるため、適切な治療やアドバイスを受けることができます。
上手なお医者さんのかかり方、知っていますか?
お医者さんに行く前に
①どんな症状か ②いつからか ③どんな状態ではじまり
④時間とともにどう変わったのか ⑤どういう処置をしたのか
などということを要領よくまとめておきましょう。また、薬によって副作用がでるような場合は必ずお医者さんに話してください。
上手なお医者さんのかかり方
①早めの受診を心がけましょう。
日頃から子どもの様子をよく観察して、診療時間内にかかりつけ医へ早めの受診を心がけましょう。
②お医者さんのかけもちはやめましょう。
③知りたいことはきちんと聞くようにしましょう。
④定期健診は必ず受けましょう。
かかりつけ薬局をもちましょう
相談しやすく、自分の症状について丁寧に聞いてくれる。薬のことだけでなく、生活上のアドバイスや情報をくれる薬局を見つけましょう。
処方せんで調剤を受けるときも、市販薬を買うときも、同じ薬局を利用すれば、薬の飲み合わせ(相互作用)や重複を専門家に確認してもらうことができ、安心です。